バイオイメージング最前線(第1回)

最先端の生命科学研究に不可欠なイメージング技術、日本の強みの最前線を紹介

(2015.05.01 08:04)1pt
2015年04月27日号
河田孝雄

2014年末に超解像顕微鏡技術がノーベル化学賞を受賞した。超解像に用いられる革新的な蛍光蛋白質の成果が日本から生まれている。レンズ技術や光検出など世界で秀でた日本の強みが生かされている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

バイオイメージング最前線のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧