東洋製罐グループホールディングスは、子会社のリンフォテック(東京・江東、船本宏幸社長)向けに癌免疫療法で用いるリンパ球の自動培養システムの開発を行っている。同社ライフサイエンス事業推進室の幡多徳彦リーダーは2015年4月13日、自動培養システムを開発する上での課題などについて本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)