米Celladon社は2015年4月26日、心不全に対する遺伝子治療「MYDICAR」(AAV1/SERCA2a)に関する二重盲検多施設無作為化臨床試験であるフェーズIIb(CUPID2試験)で、主要転帰評価指標も副次的評価指標も達成できなかったことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)