iPS細胞由来血小板の商用化に取り組むメガカリオン(京都市左京区、三輪玄二郎社長)が、iPS細胞由来血小板の大量培養技術を確立した。三輪社長、渡部素生取締役、赤松健一取締役が本誌の取材に対して明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)