栄研化学は2015年4月28日、2015年3月期の決算説明会を開催。2015年度の重点施策の1つとして、LAMP法を利用した小型全自動遺伝子検査装置と多項目検査チップの開発を推し進める考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)