20年来研究してきた新しい残留農薬分析法を強みとし、機能性表示制度の施行を機に検査サービスを開始。宮崎県ではJAが農産物のブランド化のために数千万円の分析装置を購入し、年間6000件の残留農薬分析を行ってきた実績を生かし、産官学が結集し分析の拠点形成を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)