米Bristol-Myers Squibb社は4月17日、進行または転移を有する非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)患者582人を対象に抗PD-1(programmed death receptor-1)抗体ニボルマブとドセタキセルを比較したフェーズIII試験、CheckMate-057の早期中止を行ったと発表した。独立データモニタリング委員会が、主要評価項目である全生存期間(OS)がニボルマブ群で優れることが証明されたと結論したことを受けたもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)