日本きのこセンター(鳥取市)の常務理事で菌蕈研究所長の福政幸隆氏は、胞子を形成しないエリンギの開発に成功したことを明らかにした。遺伝子も同定し、他のキノコでも無胞子株の開発を目指すという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)