英Manchester大学は2015年4月10日、大学内にあるManchester Institute of Biotechnology(MIB)の研究所長であるNigel Scrutton教授と英Imperial College Londonライフサイエンス学科のPatrik Jones博士率いる研究チームが、気体であるプロパンを生合成できる代謝経路の開発において大きなブレークスルーを達成したと発表した(関連記事)。この研究は次世代バイオ燃料を開発するプログラムの一環として行われ、バイオプロパンの商業開発に向けた新たな一歩になると期待されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)