米Salk Institute for Biological StudiesのPradeep Reddy氏らは、ミトコンドリア病が子孫に伝わることを予防するために、ミトコンドリアを標的とする制限エンドヌクレアーゼ、または、人工ヌクレアーゼTALEN(転写アクチベーター様エフェクターヌクレアーゼ)を利用して、生殖細胞に存在する変異型mtDNAを減らすアプローチについて検証し、その有用性を明らかにした。詳細は、Cell誌2015年4月23日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)