MITなど、有効な抗癌剤を同定できる植え込み型マイクロデバイスを開発

(2015.04.27 00:00)1pt
大西淳子

 米Massachusetts工科大学(MIT)のKoch Institute for Integrative Cancer ResearchのOliver Jonas氏らは、米粒大の植え込み型デバイスが、有効な抗癌剤の選択を容易にすることを、マウスモデルを用いて示した。詳細は、Science誌2015年4月22日号に報告された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧