米Massachusetts工科大学(MIT)のKoch Institute for Integrative Cancer ResearchのOliver Jonas氏らは、米粒大の植え込み型デバイスが、有効な抗癌剤の選択を容易にすることを、マウスモデルを用いて示した。詳細は、Science誌2015年4月22日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)