米Case Western Reserve大学医学部のPaul J. Tesar氏らは、いずれも外用薬として市販されているOTC2剤が、多発性硬化症(MS)の治療において有効である可能性をマウスモデルを用いた研究で示し、Nature誌電子版に2015年4月20日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)