中国Sun Yat-sen University(中山大学)のJunjiu Huang氏とCanquan Zhou氏らが、ゲノム編集ツールのCRISPR/Cas9を用いてヒト受精卵の遺伝子を編集した成果を、ドイツSpringer Science+Business Media社が発行するオープンアクセス誌Protein & Cell誌(インパクトファクター2.851)で2015年4月18日に発表したことが話題になっている。英Nature Publishig Group社のNature誌は、4月22日に「中国の科学者がヒト胚を遺伝子修復、生殖細胞系の噂は真実だった-生命倫理の議論再燃」というNEWSを配信した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)