再生医療で用いられる間葉系幹細胞(MSC)は、ES細胞やiPS細胞と比較して、不均一な集団になりやすい――。国立成育医療研究センター研究所の阿久津英憲部長が2015年4月9日、本誌の取材に応じ、MSCの品質管理の考え方について語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)