転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者において、BRCA2、ATMなど損傷したDNAの修復に関連する遺伝子に変異がある患者は変異の無い患者に比べて、PARP阻害薬olaparibの効果が高い可能性が明らかとなった。散発性、非選択性のmCRPCを対象としたフェーズII試験TOPARPの最初のステージの結果、示されたもの。4月18日から22日まで米国フィラデルフィアで開催されたAmerican Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2015)で、英The Institute of cancer Research & The Royal Marsden NHS TrustのJoaquin Mateo氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)