PARP阻害薬olaparibとPI3K阻害薬BKM120の併用投与はトリプルネガティブ乳癌と漿液性卵巣癌で有効な可能性

(2015.04.23 15:42)0pt
横山勇生=医療局編集委員

 PARP阻害薬であるolaparibと経口PI3K阻害薬であるBKM120の併用投与は安全に行うことができ、トリプルネガティブ乳癌と高グレード漿液性卵巣癌患者で有効である可能性が明らかとなった。フェーズI試験の結果、示されたもの。4月18日から22日まで米国フィラデルフィアで開催されたAmerican Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2015)で、米Dana-Farber Cancer InstituteのUrsula A. Matulonis氏によって発表された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧