自治医科大、パーキンソン病遺伝子治療を開始、タカラバイオが製造

(2015.04.23 08:05)1pt
河野修己

 自治医科大学附属病院でパーキンソン病を対象とした遺伝子治療の臨床研究(フェーズI/II)が開始された。2015年4月20日に1例目の投与が行われた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧