抗PD-L1抗体製剤MPDL3280Aの投与は、PD-L1の免疫染色スコア2または3の既治療の転移を有するトリプルネガティブ乳癌患者に有効である可能性が明らかとなった。フェーズI試験の一部の結果から示されたもの。4月18日から22日まで米国フィラデルフィアで開催されているAmerican Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2015)で、米Johns Hopkins Kimmel Cancer CenterのLeisha A. Emens氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)