エストロゲン受容体(ER)分解薬GDC-0810は、標準的な内分泌療法を受けた経験のある、閉経後ER陽性乳癌に有用である可能性が明らかとなった。フェーズI/IIa試験の結果、示されたもの。4月18日から22日まで米国フィラデルフィアで開催されているAmerican Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2015)で、米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのMaura Dickler氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)