再生医療の細胞製品の品質管理を考える際には、製品全てに共通して考えるべき項目がある一方で、製品ごとのケース・バイ・ケースの考え方が求められるものもある。製品の品質や安全性に関するデータをまとめるにあたり、開発者が考慮しなければならないポイントなどについて、2015年4月8日、国立医薬品食品衛生研究所再生・細胞医療製品部の佐藤陽治部長と同第二室の澤田留美室長に話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)