進行悪性黒色腫に対して、免疫刺激を行う抗CD40モノクローナル抗体CP-870,893と免疫チェックポイント阻害薬で抗CTLA-4抗体であるtremelimumabの併用は、安全で一部の患者で抗腫瘍効果が認められたことが明らかとなった。フェーズI試験の結果、示されたもの。4月18日から22日まで米フィラデルフィアで開催されているAmerican Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2015)で、米University of PennsylvaniaのDavid L. Bajor氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)