一部の進行卵巣癌や非小細胞肺癌(NSCLC)に対して、パクリタキセルに加えてm-TORC1/2の二重阻害薬であるAZD2104を投与することが有用である可能性が明らかとなった。フェーズI試験で一部の患者で効果が認められたもの。4月18日から22日まで米フィラデルフィアで開催されているAmerican Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2015)で、英Institute of Cancer ResearchのUdai Banerji氏らによって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)