フランスSanofi Pasteur社が、世界で初めてとなるデング熱ワクチンの承認申請を進めている。Sanofi Pasteur社の副社長兼アジア太平洋ビジネスユニット長であり、サノフィでサノフィパスツールワクチン事業部長を務めるThomas TRIOMPHE執行役員が、2015年3月18日、本誌の取材に応じ、ワクチンの国内外の開発状況について説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)