ドイツBoehringer Ingelheim(BI)社は2015年4月17日、非小細胞肺癌患者に対するEGFR遺伝子検査の実施状況について、調査結果を発表した。調査は、BI社の資金提供により実施され、スイスで開催されている2015年欧州肺癌学会議において、英Guy's HospitalのJames Spicer氏らが結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)