進行悪性黒色腫に対する効果は、抗CTLA-4抗体製剤イピリムマブよりも抗PD-1抗体製剤pembrolizumabの方が高いことが明らかとなった。イピリムマブの投与経験の無い悪性黒色腫患者を対象に両剤の効果を比較したフェーズIII試験KEYNOTE-006の結果、全ての評価項目でpembrolizumab投与群の方が有意に優れていたもの。4月18日から22日まで米国フィラデルフィアで開催されているAmerican Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2015)で、米University of California Los AngelesのAntoni Ribs氏によって発表された。なお、試験結果は発表と同時に、New England Journal of Medicine誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)