米エネルギー省(DOE)のOffice of Scienceは2015年3月16日、DOE傘下のバイオエネルギー研究センターの1つであるBioEnergy Science Center(BESC)において、Georgia大学のJanet Westpheling教授をリーダーとする研究チームが、遺伝子工学の手法によりバイオマスを分解するバクテリアが単一プロセスでエタノールを作ることに成功したと発表した。この研究はDOEのBiological and Environmental Research(BER)プログラムの下で実施され、DOEはScience Highlightsとしてこの研究内容を公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)