新日鉄住金では2000年から国内外の数学者と連携を開始し、既存技術のブレークスルーを図る可能性を見いだしてきた。その結果、数学を生産現場に適用することで、生産効率の向上・設備の安定稼働などに貢献しているという。その適用事例の1つが「高炉の伝熱逆問題」。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)