国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野の落谷孝広主任分野長の研究グループがエクソソームを用いたドラッグデリバリー技術の開発を進めている。この研究テーマは文部科学省の「革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業」プロジェクト(現在は、日本医療研究開発機構に移管)にも採択された。研究を進める同分野研究員の吉岡祐亮氏と同研究所基盤的臨床開発研究コアセンター機能解析部門部門長の竹下文隆氏に研究のポイントなどについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)