消費者庁は2015年4月17日、機能性表示食品の届け出を受理した商品の内容をウェブサイトに掲載した。第1弾の今回は8件。消費者庁が4月14日18時までに届け出書の提出を受け取った108件のうちの8%足らずである。届出日別では4月13日が4件、4月15日が4件。各企業はこの届出日の60日後から、機能性表示食品を販売できる。4月13日の60日後は6月12日だ。食品の区分はサプリメント6件、加工食品の飲料が2件。世界初の制度化といえる「生鮮食品」は今回の8件には含まれていない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)