米California大学Davis校は2015年4月3日、植物病理学(plant pathology)のPamela Ronald教授率いる研究チームが、完全に異なる植物種が持つ免疫受容体蛋白質の遺伝子をイネに組み込むことにより、イネの免疫反応を強化することに成功したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)