Wmの憂鬱、我が国の企業が23andMe社を凌駕する? 第2世代のPGSの火蓋が切られた【日経バイオテクONLINE Vol.2237】

(2015.04.16 17:00)1pt
宮田満



 2015年4月10日に、女性の生理周期の解析サービスであるルナルナを運営しているエムティーアイの子会社エバージーンが、パーソナルゲノムサービス(PGS)に参入しました。既に、ヤフーやDeNAなどのインターネット系企業がPGSに参入しており、やや驚きが少ないと思った読者も多いと思いますが、同社のPGSサービスはひょっとしたら米23andMe社に我が国で対抗できるビッグデータ・サービスに成長できる可能性があります。PGSは第2段階に入ったのです。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧