米Puma Biotechnology社は、活性化HER2遺伝子変異を有する固形腫瘍患者を対象とした、経口チロシンキナーゼ阻害薬PB272(neratinib)単剤のフェーズII試験において、コホートを拡大したと発表した。拡大されたコホートには、HER2遺伝子変異がある転移性非小細胞肺癌(NSCLC)患者が含まれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)