米Pfizer社は4月15日、内分泌療法後に進行したホルモン受容体陽性HER2陰性転移性乳癌患者を対象にしたCDK4/6阻害薬palbociclibのフェーズIII試験PALOMA-3において、患者での有効性が確認されたことから、試験を早期中止したと発表した。palbociclibは米国においてはレトロゾールとの併用で迅速承認されているが、今回のフェーズIII試験の成功で、内分泌療法に新たな治療の選択肢ができることが期待できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)