国際がん研究機関(IARC)が3月末、農薬グリホサートをグループ2A「probably carcinogenic to humans(おそらく、人に発癌性あり)」と分類した問題は、欧米で大きな波紋を広げている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)