世界の有病率は0.3%から1%、国内のそれは0.4%から0.5%とされる。トファシチニブがファーストインクラスの薬剤として登場、他のJAK阻害薬も開発後期に移行した。新規メカニズムの候補は開発に苦戦、新薬候補が不足の状況にある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)