兵庫県播磨地域にある大型放射光施設SPring-8の蛋白質結晶構造解析専用ビームライン(BL)の成果発表が注目を集めている。蛋白質結晶回折に用いる放射光の細さを1μmまで絞り込める世界で唯一の蛋白質結晶構造解析専用BLであるBL32XUを用いた膜蛋白質の立体構造解析の成果が相次ぎ、Nature誌に掲載される。理化学研究所と東京大学のアディポネクチン受容体(AdipoR)の論文は、Nature誌2015年4月16日号に掲載される。ONLINE版では4月9日に発表された。東京大と名古屋工業大学のN+輸送型ロドプシンKR2の論文も4月30日号以降のNature誌に掲載される。ONLINE版では2015年4月7日に発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)