英East Anglia大学(UEA)は2015年3月26日、School of Biological SciencesのTom Clarke博士率いる研究チームが、わら、おがくず、トウモロコシ穂軸などの農業廃棄物を原料とするセルロースエタノールの生産性が高い5種類の酵母株を、フルフラール耐性を基にして分離したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)