特許は、権利を侵害されないためだけに取るのではない――。

「どのように権利を使うのか」を考慮して知的財産の戦略を練ることが重要だ。

かつて製薬企業で研究を行い、現在、バイオ知財のコンサルティングを担当している中谷智子弁理士が、シーズから事業化への道筋を実例に基づいて解説する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)