父親の病気を機に医師を目指し、臓器移植や再生医療に興味を持った。26歳の時に発表した論文が世界的な注目を集め、Science誌のTop10に選出された。乳幼児の難治性肝疾患を対象に肝臓の芽(肝芽)を移植する臨床研究を計画中。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)