若手研究者の肖像(第1回)

横浜市立大学大学院医学系研究科 武部 貴則 准教授

iPS細胞から肝臓の芽を作製、目標は臓器移植の代替技術の開発
(2015.04.14 07:44)1pt
2015年04月13日号
高橋厚妃

父親の病気を機に医師を目指し、臓器移植や再生医療に興味を持った。26歳の時に発表した論文が世界的な注目を集め、Science誌のTop10に選出された。乳幼児の難治性肝疾患を対象に肝臓の芽(肝芽)を移植する臨床研究を計画中。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧