岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学分野の藤原俊義教授は、2015年3月25日、本誌の取材に応じ、腫瘍溶解性ウイルス製剤テロメライシンについて、直腸癌の術前療法に有用である可能性などについて考えを述べた。テロメライシンは、オンコリスバイオファーマが開発を行っているウイルス療法で、食道癌患者に対して放射線治療と併用する臨床研究について岡山大が中間報告を行ったばかり(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)