民主党政権時代、FIRSTの予算縮減に伴って、若手研究者や女性研究者を支援しようという趣旨の下、500億円を支出して、最先端・次世代研究開発支援プログラム(NEXT)が2010年度からスタートした。そのプログラムとしての事後評価結果が10日の総合科学技術・イノベーション会議で報告された。その概要は次のようなものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)