新法施行で追い風が吹く日本の再生医療。学会には産学官から多くの参加者が集まった。臨床研究では侵襲が少なく、多くの患者に適応できる再生医療の技術開発が進んでいる。造腫瘍性や遺伝的安定性など実用化を意識した品質に関する研究成果も目立った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)