循環血中の腫瘍DNA(ctDNA)の測定により、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者の再発を予測することができる――。ctDNAの測定は、CT検査で発見できるようになる前の段階で、顕微鏡的に遺残病変の発見が可能となる。現在のところ、CT検査が、癌の評価のための標準手法である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)