イタリアBio-on社とイタリアPizzoli社は2015年3月16日、ジャガイモの処理プロセスから出てくる廃棄物を使い、バイオプラスチックであるPHAs(poly-hydroxy-alkanoates:ポリヒドロキシアルカノエート)を生産するプラントを建設するため協力することになったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)