理化学研究所(理研)横山構造生物学研究室の横山茂之上席研究員らと、東京大学大学院医学系研究科の門脇孝教授と山内敏正准教授らの共同研究グループは、メタボリックシンドロームの鍵分子であるアディポネクチン受容体(AdipoR)の立体構造を解明し、Nature誌で発表した。同誌オンライン版で2015年4月9日に掲載された。立体構造を解明する共同研究に着手してから、9年もの期間を要した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)