RNAウイルスで核内で持続感染するボルナウイルスはRNAi型医薬品を持続的に発現させる方法として有効だ──京都大学ウイルス研究所がんウイルス研究部門ヒトがんウイルス研究分野・高次生体機能学生体動態制御学分野教授の朝長啓造氏は、ボルナウイルスが持つ特徴を生かしたRNAi型医薬品を発現させるベクター開発を進めている。これまでに得られた知見と今後の展開について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)