米Georgia大学は2015年3月27日、Franklin College of Arts and SciencesのDebra Mohnen教授をリーダーとする研究チームが、RNA干渉(RNAi)による遺伝子発現抑制の手法を用い、特定の遺伝子の発現を抑えることにより、硬木種の成長を増大させるとともに、細胞壁を分解して糖類を得ることが容易になることを見いだしたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)