阪大微生物病研究会(微研会)は2015年4月6日、大阪大学が出願中の肺炎球菌表層蛋白質A(PspA)を含む肺炎球菌ワクチンの特許に関して実施許諾契約を締結し、全世界における独占的実施権と第三者への再実施許諾権を取得したと発表した。微研会は、2018年の臨床試験開発を目指すとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)