米Texas大学Austin校は2015年3月24日、工学部の研究チームが代謝エンジニアリング(metabolic engineering)と指向進化(directed evolution)の手法を組み合わせて、効率的なバイオ燃料生産プロセスの確立につながる新たな酵母変異株を開発したと発表した。この酵母菌株を活用することにより、従来の燃料と経済的に競合できるバイオ燃料を生産できるかもしれない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)