1細胞の単位で細胞を解析する技術の開発が進み、1つ1つの細胞の解析コストが低下し、多くのデータが得られるようになったことで1細胞解析が研究現場に広がっている。いち早く1細胞解析技術を用いて細胞の分化を追跡する研究に取り込み、新たな知見を発信している京都大学iPS細胞研究所(CiRA)初期化機構研究部門特定拠点助教の渡辺亮氏に、細胞分化の1細胞解析で明らかになってきたことを聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)